自費出版に関する情報が満載!

絵本を自費出版で出そう!

絵本を自費出版で出そう! 最近では自費出版で本を出す人も多く、小説やエッセイなどの他に絵本を出版する人も増えてきました。
では実際に自費出版する場合どうしたら良いのでしょうか。
まずは原稿を書かなくてはいけません。この後の編集のために絵を描く場合は本と同じ大きさで書き、本の綴じ目や文章の位置なども考えて描くとレイアウトが綺麗に収まります。
原稿を書いて出版社を決めたら見積もりをしてもらいますが、印刷会社や出版社など多くの会社が自費出版を行っており、また費用も会社によってかなり差があります。
どのようなサービス内容なのか調べ、いくつも会社を比較してから決めると良いです。次に編集やデザインを行った後原稿の校正をします。
絵本は絵が多く色の出方によって雰囲気も変わってしまいます。しっかり校正のチェックを行いましょう。
そして印刷し製本して完成です。出版社によってまちまちですが大体出来上がりまでは3ヶ月から5ヶ月程掛かります。
以上が絵本を自費出版する際の簡単な流れです。

絵本を自費出版で出すときの流れ

絵本を自費出版で出すときの流れ 自費出版は商業出版と異なり、出版社でなく著者自身が費用を負担して本を作ることができます。
出版社から本を出す場合、企画に賛同してもらい費用を負担する出版社の許可を得る必要がありますが、自費出版なら費用を負担する代わりに出版社の許可を得る必要がありません。
家族や知人などに配るごく少部数の出版から、インターネット販売や書店での販売を視野に入れたものまで様々なスタイルがあります。
絵本を自費出版で出す時の流れとしては、完成した原稿を出版社に送付し、見積もりを行って出版の契約を結びます。
契約してから入稿の流れを採用する業者もありますので、事前に確認しておきましょう。
インターネットや書店で販売を希望する場合には、契約時に印税と販売方法について決めておく必要があるので注意してください。
販売するには印刷にかかる費用以外の費用がかかる場合があります。入稿と契約のあとには、校正や修正などの編集作業が行われます。
編集が終わったら装丁デザインを決めて印刷、完成した本が著者の手元へと届きます。