記念に自費出版!

記念に自費出版!

記念に自費出版! 本を出すには出版社に掛け合って作るのが一般的ですが、そのほかにも自費出版という方法があります。
自費出版とは原稿を自分で印刷会社に持ち込み、製本作業をしてもらうという方法です。
商業目的の場合もありますが、大学の部活動の部誌や、記念になる本を作る場合などに利用されます。
自費出版では執筆、編集、製本、販売のすべてを一人で企画し、業者と打ち合わせ、出来上がった本の販売も自分で行います。
幅広い知識が必要なうえ、労力もかかるうえ、書店などにおいてもらって販売してもらうのはかなり難しいので利益を求めてこの手法を行うのはかなり厳しいものがありますが、記念本などのケースでは必要部数だけ製本して余計なコストがかからないというメリットがあります。
数が少ないということは相応に値段も下がるということです。
本ができるということはとても記念に残るものです。
今は技術が発達して、製本までの過程もかなり簡略化されているので、アイディアさえ固まっていれば自費出版に踏み切ることができます。

自費出版で出したい記念になる本の種類とは?

自費出版で出したい記念になる本の種類とは? 自費出版で本を出したいというときには、何か発信したいものがあるはずです。
基本的にはそれを出すということになりますが、はっきりテーマを決めていないようなときには記念になるものにしてみるのが良いでしょう。
記念になる本の種類としては、歴史を記したものになります。
自分史などを書いて自費出版される方が多いです。
仕事や趣味など打ち込んできたものが多い方は、その足跡を残しておきたいという事を考えることがあるでしょう。
なかなか話を聞いてくれる人もいないという場合、本という形に残しておくということができるのです。
自分についての歴史だけではなく、地域に伝わる伝承や歴史について調べてまとめ、本にしていくという事も記念になります。
また、これを形となるものに残しておくことによって、公正で必要とする人に伝えることもできるようになります。
このように、伝えたい歴史などを自分の一生の記念として本にまとめておくことは大きな意味を持つことになるでしょう。