格安で利用できるバーチャルオフィス

格安で利用できるバーチャルオフィスの活用法

格安で利用できるバーチャルオフィスの活用法 一般的に起業にあたっては初期のコストを抑えるために、自分の自宅住所を会社の住所にする人が多いのですが、管理規約や賃貸借契約など様々な制約があります。
そんな時にはバーチャルオフィスを利用することで、会社の住所や電話番号など基本的なものをレンタルすることができます。
また、自分の自宅の住所という重要なプライバシーを守ることができる上、大手町や銀座など都心の一等地を会社の住所にすることも可能です。
バーチャルオフィスのサービスにはオプションで電話秘書サービスや郵便物、宅配便の受取りや自宅への転送を行っているところがありますから、これらをうまく活用すれば、営業のチャンスを逃さないこともできます。
レンタル利用料金は数千円から数万円と格安ですが、昨今のバーチャルオフィスブームで、業者間でチキンレース合戦も激しくなり、低レンタル料金優先でサービスの質を落としている業者がいるのも事実です。
従って、レンタル料金の安さだけで業者選定をしてしまうのは危険で、サービスの内容や利便性やクオリティなどを充分確認した方が良いでしょう。

電話代行としてのバーチャルオフィスの活用法

電話代行としてのバーチャルオフィスの活用法 バーチャルオフィスを利用しているときに、不在になってしまったり忙しいときに電話を転送するサービスが大変便利です。
これは電話回線の転送サービスを利用したもので、会社にかかってきた電話を代行サービス会社が受け取ってくれるというものです。
もちろん電話代行サービス会社が社名を名乗るときは、自分の会社の名前を言ってくれるので安心です。
このサービスを利用することで、不在時にバーチャルオフィスにかかってきた電話にしっかり対応することができます。
電話対応のために雇用しなくてもよく、人件費削減にもなります。常に会社にいる必要がなくなるため仕事の効率化をはかることができ、優先しなければならない仕事に集中することが可能です。
バーチャルオフィスにかかってきた電話に対応する代行業者は、実績があるところが多いため質の高い客にも丁寧な対応ができるので失礼がありません。
希望によってはメッセージを受け取るだけでなく、業務に関する受け答えなど様々な利用方法があります。